セールスライター・ライブラリー

セールスライティングって何でしょう? 簡単に言うと、何かを売るための言葉を書く、ということ。 セールスライティング、ダイレクトレスポンスマーケティング、起業家マインド、説得力、広告心理…   コンセプトは有用な情報を共有すること。

大丈夫?あなたのFacebookの使い方

 

私とあなたはまだ会ったことがありません。
でも、私たちに共通する悩みがありますよね。

Facebookを更新してるけど、

こんなんでいいんだろうか?
やってて意味あるんだろうか?
いつになれば効果が出るのだろうか?

今日、このイライラを
取り除く方法があるのですが、、、

「世界一ずる賢いフェイスブック集客術」

http://directlink.jp/tracking/af/1414581/EOsYnwMa/

本書
「世界一ずる賢いフェイスブック集客術」著者
ダン・ケネディ

わたしたち起業家に対して
驚きの事実を警告してくれています。

ソーシャルメディアを利用している
99%の人は使い方を間違っている”と。

なんと、
ソーシャルメディアを正しく使えている
賢い起業家はわずか1%なのです。

わずか1%ですよ。1%。

その他99%の人は
ソーシャルメディアの使い方を間違っている
というわけです。


ではソーシャルメディア
使った正しい集客法とはなにか?

では1%のズル賢い人しかやっていない
フェイスブックの使い方とはなにか?

その答えは、こちらで確認できますが、、、
   ↓
http://directlink.jp/tracking/af/1414581/EOsYnwMa/
 

広告に隠された人間心理の秘密とは?


あなたが普段何気なく見ている広告。

しかし、その表現の裏側には、
すべて理由があります。

広告の細部にわたって、
ある「秘密」が隠されているのです。

その「秘密」とは、
消費者にその広告を目に留めてもらい、
そして商品を購入してもらう、
つまり行動してもらうための人間心理です。

売れている広告には
必ず人間心理に基づく技術が使われています。

そして、その人間心理に基づいて
あらゆる表現がなされているのです。

もしあなたが、そのような
人間の行動心理をマスターして、
消費者が行動せざるをえない
売れる広告を作りたいと思っているなら、、、

きっと、この本
「現代広告の心理技術101」が
とても役に立つでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1414581/OhCZrcqd/
 

見込み客を一気に獲得するちょっとズルい方法

 

あなたならどうしますか?
ちょっとだけ、考えて欲しいのですが、、、


あなたは「夜の店」のオーナーを対象としたビジネスをしています。

つまり、ちょっと高いお金を出して、
お酒を飲んでおしゃべりするような、そういう店に、
商品を売り込みたいと思っています。

そのようなお店の「幹部」。
あるいは「オーナー」「社長」。

そのような意思決定ができる人と知り合って関係を築き、
商品を買ってもらいたいのです。

さてあなたならどうしますか?
どうやってそのような人と知り合いますか??


飛び込みでお店に行きますか?
営業マンを行かせますか?
それともDMを送りますか?

インターネットを使って、
相手が見つけてくれるのを待つ、という方法を取りますか???

・・・
・・・
・・・

紹介の連鎖が永遠に続く
「マル秘 人脈活用術」にはこうあります。

P.61

====
あなたのターゲットを確実に見つけるには、別の方法もある。
それは、”隣接業種で働いている人”とコンタクトを取ることだ。

例えば、住宅ローンの営業マンであれば、
不動産仲介者協会の人間を探せば、
仕事を数多く紹介してもらえるようになる可能性がある。

不動産仲介者協会の人たちは日々、
ローンを組んで家を購入することを考えいてる人たちを相手にしているからだ。
====


さらにこの本の著者は、

「教師」というニッチな市場を狙う場合、
もし教育委員会の会長と知りあえば、それがベストだが、、、

それができなかったとしても、
社会事業や社会活動に携わってみる。

つまり、見込み客になりそうな人や、
見込み客になりそうな人を「たくさん知ってそうな人」が集まる場所がどこか、
考えてみる。


という方法を推奨しています。


さて。

では最初に言った「夜の店」にはどうやってアプローチすればいいでしょう?

意思決定のできる人物と知り合うには、どうすればいいでしょう?

そのような人脈を「一網打尽」にするには、
どのような”隣接業種”と接触すればいいでしょう?


答えは無数にありますが、
そのひとつは「オシボリ業者」です。


「夜の店」では毎日大量のオシボリが使われていて、
ほぼ全ての店で、どこかしらのオシボリ業者と取引があります。

ということは、
オシボリ業者との「深い人脈」を築くことができれば、
そこから一気に、本当のターゲットである「夜の店」を紹介してもらえる
可能性ができるということですね。


もちろん、やり方を間違うと反感を買うので慎重に、、、


米国大統領も学んだ「正しい人脈活用の方法」はこちら。
「マル秘 人脈活用術」

http://directlink.jp/tracking/af/1414581/uQExosuz/

 

62ページを開けば、
”隣接業種”についての想像力を働かせる方法もわかります…

http://directlink.jp/tracking/af/1414581/uQExosuz/
 

あなたの夢は何ですか?

 

「もし絶対に失敗しない保証があるなら、
仕事でやってみたいことは何ですか?」


もし、こう聞かれたらどう答えますか?


何をやっても絶対に失敗しないんだったら、
たった1度の人生で、
経営者としての人生で、、、

どんなことをやってみたいですか…?


イメージしてみてください…

ずっと叶えたいと思っていることは何だろう?

チャレンジしてみたいと思っていることは何だろう?

やり遂げたら、
自分の子供が自分を誇りに思ってくれるようなことは何だろう?

「お金のため」以外に働く理由は何だろう?

なんで、社長になったんだっけ?

夢はなんだっけ???

・・・


さて、、、
少し考えて頂いたと思いますが、


この「答え」が何なのかは、
実は今日の本題とは関係ありません。


もちろん、じっくり考える価値のある、
とても素晴らしい「質問」ではあるのですが、、、


この「質問」。

初対面の人と絆を作るのにとても有効な質問なんです。

新刊本「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」によると、
これは「フィール・グッド・クエスチョン」と呼ばれる質問の一つ。

フィール・グッド=気分が良くなる

つまり、相手が答えるのが楽しくなるような質問をなげかけることで、
相手との距離を短時間で詰めるというテクニックです。


交流会や懇親会で名刺交換をし、
お互いの気持ちがほぐれたところでこういった質問をする。


そうすることによって、

===
人はみな、夢を持っている。
目の前の相手の夢は何だろうか?

この質問は、相手に空想にふける機会を与える。
向こうはきっと、訊いたあなたの心遣いに感謝するはずだ。


「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」 P.37
http://directlink.jp/tracking/af/1414581/uQExosuz/
===


というわけですね。


さて冒頭に戻って。

あなたなら、

「もし絶対に失敗しない保証があるなら、
仕事でやってみたいことは何ですか?」

こう聞かれたらどう答えますか?

 

PS
「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」には、
全部で10のフィール・グッド・クエスチョンが書かれています。

http://directlink.jp/tracking/af/1414581/uQExosuz/
※「2個か3個の質問をするのが効果的(P.36)」

パソコン1台でできる、理想のビジネス構築法 

 

ちょっと想像してみて欲しいのですが、、、


あなたにとって「理想のビジネス」とは
どんなものでしょうか?

・長距離通勤や満員電車から解放され、
 自分が好きなときに自由に働ける…

・パソコン1台とネット環境があれば、
 どこからでも仕事ができる(たとえ旅行中でも!)...

・時間や場所に縛られず、
 寝ているときでも商品が売れていく...


もしあなたが
このような理想のビジネスを作りたいなら
この本がお役に立つでしょう。

しかも、今なら発売記念として
無料で手に入れることができます。

http://directlink.jp/tracking/af/1414581/Jm0Qdu6Q/

 

この本の著者、エベン・ペーガンは
オンラインで理想のビジネスを構築し
100億以上を売り上げた人物です。

そして、彼の指導の元、世界中でたくさんの
生徒たちが自分の理想のビジネスを構築しています。

そんな彼が実践し教えてきた
オンラインビジネス構築のステップを
この本で紹介しています。

あなたも理想のビジネス
ライフスタイルを送りたいなら
無料うちにこの本をゲットしてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1414581/Jm0Qdu6Q/