セールスライター・ライブラリー

セールスライティングってなに?… 簡単に言うと、何かを売るための言葉を書く、ということ。 セールスライティング、ダイレクトレスポンスマーケティング、起業家マインド、説得力、広告心理…  コンセプトは有用な情報を共有すること。

あなたは、文章を書くのが得意ですか?

もし、あなたが

 

・ネットの訪問者をお客に変える方法が分からない。

 

・ブログやメルマガ、フェイスブックを始めたいが

何を書けばいいか分からない。

 

・読者を惹きつけるコンテンツの作り方が分からない。

 

といったことに悩んだことがあるなら

 

 

 

「コンテンツ・マーケティング64の法則」

が役に立つでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1414581/52uBrf0t/

 

 

 

 

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitter

といったメディアを使って

集客しようすると必ずぶち当たる壁。。。

 

 

それが、、、

 

”面白いコンテンツが作れない”

 

ということです。

 

 

事実、ある米国の調査によると、

コンテンツ・マーケティングの課題の1番は

「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」で、

全回答の41%を占めています。

 

 

いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、、、

いくら、多くのメディアを使っても、、、

いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、、、

 

 

結局のところ、面白いコンテンツが

作れなくては何の価値もありません。

 

 

では、、、

 

お客さんを集める記事と

見向きもされない記事は何が違うのか?

 

お客さんをファンにする記事と

そうでない記事では何が違うのか?

 

売上に直結する記事と

いい話聞いたなで終わる記事では何が違うのか?

 

 

その答えは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1414581/52uBrf0t/

出会って10分で「好かれる」方法  

 これは見る人によってはマナー違反だと感じるかもしれません。

 なぜなら、一瞬で相手の懐に飛び込み、相手を気持ちよくさせ、本来なら長い年月がかかるはずの相手との信頼関係を、極めて短時間で築くことができる方法だからです(それがたとえ「大物」であったとしても!)

 

 

 思い浮かべてください…

 

 あなたは今、経営者が集まる交流会にいます。人数は100人ほど。

 

 セミナーが終わった後の懇親会。

立食形式のパーティーです。

 

 主催者の乾杯の挨拶が終わり、みな、近くにいる人達と名刺交換を始めます。

 

 そう。「人脈作り」のためです。

 

 みな、自分のビジネスにつなげようと、つまり「その人を通じてお金を稼ごう」と、自分を印象づけるのに必死です。

 

 あなたのところにも、保険の営業マンらしき人物が名刺交換に来ました。

 

 その人物の肩越し、向こう側には、あなたが「狙っている」会社の社長がいます。

 

 その会社と取引を始めることができたら。

 あなたの会社は今年、大きな売上を伸ばせそうです。

 

 ですがその人の周りにはすでに4~5人の人が集まっています。みな、その社長と「コネ」を作りたいのでしょう。

 

 さて‥。

 

 どうすれば、あなたはこの場を、

 有効に過ごすことができますか?

 

 その方法を知っていますか??

 

 

 実はこのような交流会の場で、初対面の人と(もちろん、相手がどんな相手でも)出会って10分で、その人から好印象を持たれる方法があります。

 

 それは、ほかの参加者が絶対にやらない方法です。

 それは、あなたに「コミュニケーションスキル」を必要としません。

 それは、ほとんど「練習」も要りませんし、そもそもあなたがたくさん話す必要もありません。

 

その方法とは何なのか?

http://directlink.jp/tracking/af/1414581/1i55UnJk/

 

 

その日、無数に名刺交換をしたたくさんの人の中から、

あなたのことを「特別だ」と思ってもらう、、、人脈構築の最強の方法です。

 

 

※詳しくは、50ページを開いてください…

http://directlink.jp/tracking/af/1414581/1i55UnJk/

お客さまをその気にさせるために。


あなたはこんな悩みを抱いていませんか?

・商品もサービスもしっかりしてるのに、売り上げが安定しない。
 
・雑誌にも取り上げられたが、どれだけ効果があったのかわからない。

・洒落たホームページもあるし、ブログ、フェイスブックも活用しているが、果たして集客に結び付いているのか‥。

・何か、もっと良い宣伝方法がないものだろうか?

 もしこのような問題を抱えているなら、この本が役に立つかもしれません‥。

2人の営業マンの物語

ここにある2人の営業マンがいます。
ある営業マンは、、、
いつも3億円を超える住宅の契約書を
当たり前のように書いています。
一方でもう1人の営業マンは、、、
3万の携帯電話のセールスで
しょっちゅう壁に突き当たっています。
2人とも仕事熱心で努力家で養うべき家族がいます。
しかし、その業績は驚くほど違います。
なぜ、ある営業マンは
多額のコミッションを受け取り、
一方で別の営業マンは、
暮らすのにやっとの収入しか得られないのか?
その答えはどこにあるのか?
なにか魔法のようなテクニックがあるのか?
その答えこそがが、、、”消費者心理学”です。
これこれ人々にものを買わせるパワフルな原理です。
この原理は、セールマンが売っているものが
何であるかに関係がありません。
なぜなら、
あらゆるビジネスに有効だからです。
この「クロージングの心理技術21」は、
間違いなく役に立つ消費者心理学の強力な
21のテクニックを教えてくれるでしょう…
さらに、これらの原理をあなた自身の
セールストークにどう組み込めばいいかを、
数十に及ぶ実際のスクリプトで示しています。
あなたはこの本を読むことで、
次のような秘密を知ることが出来ます・・・
・相手の意識レベルに応じて
 あなたのセールストークを調整する方法
・恐怖という強い感情を利用して、
 極めて頑固な相手さえ納得させる方法
・ライバルを打ち負かす方法
・セールストークで決してしてはいけないこと
・他人の信用を借りて
 あなた自身の信用を拡大する方法
などなど。
1%の特別なセールスマンだけ知っている
クロージングのテクニックは
こちらからチェックすることができます。